MENU

在宅医療への貢献

 在宅医療とは、医師・看護師・薬剤師・ケアマネージャーなどが連携をして、在宅での治療、ケアにあたることです。 在宅医療を受ける方は、高齢者が多く、服用している薬も多くなりがちです。その為、薬の管理が難しく、服用ミスや服用忘れにつながりやすくなります。 在宅医療チームにおける薬剤師の主な役割は、薬をきちんとチェックし、使用する際に間違いや危険がないように管理・工夫することです。
 また、在宅医療を必要とする患者様にもさまざまなケースがあり、 体は不自由ですが薬の管理はご本人がする場合、寝たきりの患者様をご家族がつきっきりで介護をしている場合、末期ガンで治る見込みがなく治療ではなくコントロールしている場合など様々です。
 ひかり薬局では、薬局開設当初から積極的に在宅医療に取り組んでおり、 チーム医療の一員として、医師などの医療関係者や、患者様とそのご家族とコミュニケーションをとり、個々の患者様に合ったケアを心がけています。 その時々で判断し対応をするのは難しくもありますが、やり甲斐も感じています

施設訪問

施設訪問・居宅(配送)サービスの提供

介護施設様においては、入居者様のお薬の管理・配薬を看護師さんや介護職員様が行っており、これらの業務に追われ、通常業務に集中できない事が多々あると思います。このような状況下では、誤薬も発生しやすく職員様の業務負担も大きいと思われます。


在宅訪問開始までのながれ

  • ひかり薬局各店へご連絡ください。 (担当者がお伺いさせていただくことも可能です)

  • 医師の同意

    かかりつけ医師に、薬剤師が行う在宅訪問(在宅訪問服薬指導指示、居宅療養管理指導)について同意していただきます。
  • ご訪問

    医師の処方せんに基づいて、調剤したお薬を患者宅、介護施設へお届けします。 お薬の飲み合わせ(効果、副作用)などの説明をさせていただきます。 また、嚥下困難な方への粉砕、お薬の一包化等もご提案させていただきます。
  • 関係機関への情報提供

    医師、医療機関、看護師、ケアマネージャーの皆様へ情報提供を行い、チームとして患者様のケアを行います。
  • 調剤薬局
  • 漢方薬局
  • 調剤センター
  • 在宅医療への貢献
  • 栄養ケア
ひかり薬局 薬剤師募集中